静岡 ネイルサロン 静岡市 葵区 ネイル 巻き爪ケア ドイツの巻き爪ケア法「B/Sスパンゲ」

BONHENR HARUKA BEAUTE(ボヌール ハルカ ボーテ)のSTAFF BLOGです。

うがい手洗い

最近のどがイガイガする・・・なんて方、多くありませんか?
私はまさに朝起きた時や外出して帰ってきた時など
のどに違和感を感じることが多くなってきました。
また室内にいても暖房がかかっているところにいると
のどがカラカラしてきます。
『乾燥』が原因ですね!!!!
私はもとからのどが弱いので寝る時はマスクを着用しています。
あとはのどがイガイガしたらまめにうがいをするようにしています。
ヒリヒリするところまできてしまった時にはうがい薬でうがいをします。
でも本当はそうなる前に予防しなきゃいけないんですよね!
のどからひく風邪は熱もでて辛いですよね。。。
今日はウイルスから身体を守る「手洗いとうがい」を紹介しますね☆

低温で乾燥した気候は、ウイルスには絶好の環境です。
この季節、ウイルスは空気中にたくさん浮遊しています。
こうしたウイルスにやられないようにするには、ウイルスとの接触を避けることが大事です。

とはいっても、社会生活を送るうえでは、職場であったり学校であったり買い物であったり、
外出はそうそう避けられず、人ごみに出かけることはありますよね。
なので付着してしまったウイルスを
できるだけ早く洗い流すことが大切
なのです。

特にウイルスが付着しやすい場所は、
物に触れる「手」と、空気を体内に通す「喉」。

「手洗いとうがい」が感染症予防の基本とされるのは、そのためです。

外から帰ったら「手洗いとうがい」。
当たり前のこととして習慣づけてしまうが勝ちです。

【手洗いの方法】   

1 手を水で濡らし、石鹸をつけ、両手の手の平をこすりあわせて泡立てます。
2 手の甲をもう片方の手のひらでこすります。
3 指を組んで、両手の指の間をこすります。
4 親指をもう片方の手で包み、こすります。
5 手の平を、もう片方の手の指先でこすります。
6 爪の隙間を洗います。この時爪ブラシなどを使って洗うと効果的です。
7 流水でよくすすぎます。
8 清潔なタオルで手を拭き乾かします。

【うがいの方法】   

1 うがいがしやすい量(20ミリリットル)の水、またはうがい薬を希釈したものや
  お茶(お茶の成分であるカテキンには殺菌作用があるのです!)などをコップにとります。
2 口に含んで、まずは「ブクブクうがい」。
3 次に、上を向いて「ガラガラうがい」。のどの奥まで液が回るように15秒程度。
  これを何度か繰り返します。

有効的な“手洗いとうがい”をしてウイルスに負けない冬を!!!!
| カテゴリー: プライベート | 固定リンク | trackbacks(0) | この記事を編集する |
<<12月突入! | 寒さに負けるな~! >>

CALENDAR

<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

SEARCH

CATEGORY

NEW ENTRY

ARCHIVES

STAFF

  • STAFFの清水です!
  • STAFFの松本です!
  • STAFFの村上です!
  • STAFFの長谷川です!

META

  • Haruka Sawanobori NAIL ART SCHOOL(澤登晴香ネイルアートスクール)開講しました!


このページのトップへ